· 

3歳児神話=母親は子どもが3歳になるまでは子育てに専念すべき?


 

「母親は子どもが3歳になるまでは子育てに専念すべき」

 

こんなことを聞いたことはありますか?

そう思う?そう思わない?どちらでしょうか?

 

女性ばかり30代~70代の方に、定期的に講義やワークショップをさせていただいています。

 

とある日の授業で、0歳児の子育て中の女性が、

「今は子どもとの時間を思い切り楽しみたい。」という発言をした時のこと。

 

それに対して、2人の70代の方が、全く違うことを言ったのが印象的でした。

 

「あなたはエライわね。うちの嫁は仕事ばっかりで孫がかわいそうで。」

 

「あなたはやりたいと思うことができて幸せね。」

 

どう感じますか?

 

 

輝くママを応援!ママのやりたい!を応援!

という団体やコミュニティ、サークルなど、各地にたくさんありますが、

 

「子どもが3歳までは子育てを楽しもう!」

と、大きく書いてあるのを、団体を紹介するWeb上で見かけたことも。

 

本人たちでも、そんなことを言ってしまうのかと、ちょっとがっかりしたことを覚えています。

 

 

「母親は子どもが3歳になるまでは子育てに専念すべき」

そんな神話が、いまだ語り継がれています。

 

その意図として、

子どもは母親の愛情たっぷりで育てることが正しい。

 

そう言いたいのを理解できないわけではないですが、

これは、時代の変化と共に、いまや神話と言われています。

なんで3歳?何の根拠もないようです。(経済社会で作られた幻想?)

 

子育てと両立しながら働くママはどんどん増えていて、

子どもに対する愛情表現の仕方は多様化しています。

 

子どもと24時間、一緒に居続けることだけが、母親の愛情の注ぎ方ではない。

そんな時代になっています。

 

 

母親の誰もが、働き続けるべきだとは思っていません。

 

自分が本当にやりたいことは?

自分の心に正直になってください。

 

社会とつながりたい!自分を活かしたい!成長したい!

そう思うタイミングは、人それぞれです。

子どもの入園、入学など、子どもの成長に伴って、

いつであっても、早いも遅いもありません。

 

子育てを楽しむもよし。

自分の時間を大切にするもよし。

バリバリ働くもよし。

子育てとお仕事を両立する、両立起業もよし。笑

 

「子どもがいるのに何で働くの?」

「母親が働くなんて子どもがかわいそう。」

 

そう言われないまでも、そんな否定的な視線を感じながら、

孤軍奮闘している女性のみなさんを応援しています。

 

自分自身の想いを、大切にしてほしいと願っています。

それが子どもたちにも、いい影響を与えると信じてやまないので。