· 

値付けの仕方が分からない。自分からお客様へ提案することが大切です


自分が制作したものの値段をどう決めればいいか分からない。

自分の講師料をいくらにすればいいか分からない。

良く聞く悩みです。

 

 

息子が小4になったばかりの頃のことです。

 

どうしても欲しいゲームソフトがあるのに、買ってもらえる誕生日はずっと先。

どうしたら自分で買えるか、考え始めました。

 

週1でもらえるお小遣いを使わず貯めていったら、

どれくらいの期間で買えるかをまず計算。

 

そんなに長い時間、我慢できない。と分かり、

次は、お金を得る方法がないか、いろいろ考えました。

 

お手伝いをしたらお小遣い。というルールは、我が家にはなかったので、

私と夫に、こんなことを提案します。

 

「自分がやった家のことを、いいと思ったらお金を入れて欲しい。」

と、貯金箱をリビングに設置。説明、お願いされました。

 

この結果は、

「お風呂掃除をしてくれて気持ち良かった!」と、

(やさしい)夫が入れてあげた、たった50円玉1枚。

 

息子がこれはダメだと思うまでの時間は短かくて、あっという間に撤収。

私は、いくら入れてあげればいいか、考えている間に終わってしまいました。

応援したい気持ちはあったんですけどね。

 

そして、次にやったのは、よくある「マッサージ屋さん」です。

しかし、今度はちゃんとメニューを作り、リビングに貼りだしました。

 

-------------

・せなか押し (5分)50円

・かたもみ  (5分)50円

・足つぼ   (5分)50円

・好きなところ(5分)70円

・明日がいい日になるマッサージ 120円

 (せなか押し5分、かたもみ5分、好きなところ5分)

-------------

 

「好きなところ」はちょっと割高。同じ時間で、他より20円高い。

そして、足して170円になるメニューの値段を、1回分にもなる50円もお得に。

しかも、今日の疲れを明日には持ち越したくない!という夜に受けたくなるネーミング。笑

 

考えてる!

 

聞けば、参考にしたものはないそうで、どこでこんなこと覚えたのかな?

子どもはすごいな~。と思ったメニューでした。

(学童の先生の肩をもんだりして、経験も積んでいたというから、また関心!笑)

 

値付けをしないということは、

いくらなら払ってくれますか?と、お客様に考えさせる=負担を与えることになります。

入れる金額が決まっていない、リビングに置いた息子の貯金箱と同じ。

 

小4に負けずに、値付けは自分でしてください。

 

 

息子は、私の想像よりも早く、ゲームソフトを自分で買いました。

お小遣いを貯め、私のマッサージをがんばっているうちに、

あと少しの不足分を支援してくれるスポンサーが現れたので。笑

 

メニューはそのまま貼ってありますが、

私が息子のマッサージをしてあげている方が、多い気がします。

もちろん無償ですけど。笑