· 

「餅は餅屋」なーんてことは分かっていても・・


12月の終わりから先日まで、多様な世代の方に取材をさせていただいてました。

 

お1人、1時間くらいの予定が、話しが弾み2時間の方も。

人にはみんな想いがあって、考えてない人なんて誰1人もいない。

その想いが口からあふれてくる時の笑顔を独占できるなんて、こんなに贅沢な時間はありませんでした。

 

ご縁があっていただいたお仕事なのですが、密かに抱いていた夢のお仕事だったんです。

この刊行物を手掛けてみたい!と思っていました。

 

夢だったお仕事をやってみて、

多々質問を投げかけ、貴重な深いお話を聴けるなんて、こんないい仕事ない!と、実感しました。

 

しかし、自分でこの膨大な貴重なお話を起こして、限られた文字数に収めるとしたら、

他の仕事を切り詰めて、書く時間を捻出し、初校を出すのにかなりの時間をとられていたと思います。

 

今回の場合は、ライターさんに同行してもらい、

取材後、私が他の仕事をしている間に、あっという間に原稿が手元に届きました。

 

まるで魔法のような感覚。

電子レンジに入れた冷たいものが、温かくなって出てきた!すぐに食べられる。という感覚。笑

 

事前に伝えた趣旨をしっかり押さえた原稿で、この短時間。さすがプロだと感じました。

 

原稿を書くお仕事をいただくことがあり、自分で書くこともありますが、

書くことが本業ではないので、他のお仕事と比べて、とっても時間がかかります。

 

書く、校正、編集、いわゆる原稿の執筆は、これからの自分にとって必要だと思い、

自分の付加価値として、基礎から徹底的に鍛えた時期があります。

それでも、これから本業にしようとは思っていません。

 

両立起業では、自分の好きなこと、やりたいことをお仕事にする!と言ってますが、

それに付随すること全てが、自分のやりたいこと、得意なこととは限りません。

やりたくないこと、苦手なことも、たくさんくっついてくることもあるでしょう。

 

また、実際にやってみないと、楽しいか、つらいか、自分がどう実感するかは分からない。

そう思っています。だから、仕事として、お金をいただいて、やってみることは大切なこと。

 

「餅は餅屋」とは良く言いますが、

自分の本業は何か。付随していることは何なのか。明確にすること。

 

苦手なことを抱えてつまづいて、自分には向いてない。とあきらめないこと。

両立起業は、オールマイティーのスーパーウーマンでなくてもいいのです。

そもそも、そんな人はそういません。

 

伸びている人は、仕事の切り分けが素晴らしいです。

 

「餅は餅屋」

協働の視点を身につけると、少し楽になれるかなと思います。

詳しくは、追ってこちらに書くことにします。