· 

平昌オリンピックで感じたこと。事業を興すってこういうこと。


平昌オリンピックが終わりました。

ちょうどいくつかの仕事の締めが重なっていつつも、TVから目が離せない日々でした。

 

どんな競技に注目していましたか?

 

原選手、平野選手、渡部選手、小平選手、高木菜那選手、高木美帆選手、

たくさんのメダリストが生まれる瞬間に立ち会いました。 

 

フィギュア男子のフリーの最後の3人、

羽生選手、フェルナンデス選手、宇野選手の演技はノーカットで全てみて、ポロポロと涙が。

 

見て!見て!すごいよ!と息子に声をかけても、全く見向きもしてくれなくて。

 

なのに、息子に、ママ見て!と言われたのは、カーリング。

これ、すごい面白いよ!!

と息子が言ったのは、まだ、そだねージャパンが注目される前。

なんなんだ、息子。笑

 

カーリングの試合時間は3時間。全ては見られなかったですが、

確かに面白い。ルールも何となく分かってきて、手に汗にぎりました。

 

選抜チームではなくて、既存のチームというのがすごくいい。

チーム力を感じました。

 

カーリング男子チームのドキュメントも観ました。

生活を維持しながら競技を続ける大変さは、両立起業にも通じるものがあると思いました。

 

当然のこと、出場選手4人に注目が集まるわけなんですが、

私がどんどん惹かれていったのは、本橋選手、マリリンです。

 

戦力外になった選手を呼び寄せ、自分の地元で、LS北見というチームを立上げ、

お金を集めて、世界一のカーリングチームを目指した立役者。

当時、26歳だったそうです。

 

五輪の舞台で、キャプテンを務めながら、若手に経験を譲り、

アイスの状態を深夜まで確かめ、もぐもぐタイムのフルーツを用意し、

サポートに徹した本橋選手が、目にいっぱい涙をためて、銅メダルを手に言いました。

 

「主人と子どもに会いたいです。」

 

その姿に心が震えて、同時に共感を覚えました。

 

私がITベンチャーの役員になったのが26歳。

今こうして、夢や想いを叶えたい女性のサポートをしているなんて、

想像もしていなかった私です。

 

当時も、社員全員にパフォーマンスを最大限発揮してもらうことばかり考えていました。

 

そして、何かを実現するために、必要なお金を集め、人を集め、

どう実行していくかを組み立てて、行動し、実現していく。

 

私がしていることは、当時も今も、同じことです。

 

両立起業で金メダルはとれないかなと思います。

羽生選手が言っていた言葉を借りれば、「他の夢は全て捨ててきた。」

 

両立起業は、文字通り、両立を目指しています。

大切なものは手放さず、想いを実現する方法はきっとあります。

自分が幸せになる方法もきっとある。

 

でも、期限付きで、全てを捨ててでも、叶えたい想いがある。

それを実現するために、全てを捧げることができる。

それもとっても幸せなことだと感じました。

 

たくさんの感動をありがとう!